HMD事例:ウクライナの被害箇所

使用画像、解析範囲

■使用画像:Sentinel-1
■解析範囲

(背景地図:google map)

閲覧上の注意

ここから、解析結果を掲載します。結果を閲覧するに当たっての注意事項を記します。

  • 地表の性状が変化した箇所(建物が崩れたり崩れた建物が散乱した道路など)は水色のドットで表現しています。
  • よけいな情報が載らないよう、厳しめの閾値を設定して解析しています。
  • 性状が変化した原因まではSAR解析ではわかりません。
  • 性状が変化したことはわかりますが、何から何へと変化したかを特定することはできません。
  • 建物などの倒壊ではない原因で水色がついている場所もあります。

解析条件次第で解析結果は変化します。参考のため、厳しめ条件から緩めの条件まで、3段階での解析結果を掲載します。

■厳しめの条件での解析結果(背景地図:google map)

■中くらいの条件での解析結果(背景地図:google map)

■緩めの条件での解析結果(背景地図:google map)

次項では、上記3つの条件のうち、中くらいの条件で解析した各都市の結果を掲示します。

各都市の拡大図

■キーウ(Київ ; Kyiv)(背景地図:google map)

■イルピン(Ірпінь ; Irpin’)(背景地図:google map)

■ボロジャンカ(Бородянка ; Borodyanka)(背景地図:google map)

■ブチャ、ホストーメリ、ホレンカ(Буча, Гостомель, Горенка ; Bucha, Hostmel’, Horenka)(背景地図:google map)

以上です。

(お問い合わせはコチラの問い合わせページからお願いします)